カテゴリー : 2002年 5月

ADSL

ADSLの快楽から一転して、再びダイヤルアップの原始人生活に戻って数日。


接続方法だけが原始人ではありませんでした。





3週間くらい前に友達が我が家のパソコンを使ってたら、僕のマウスを捨ててしまいました。


そんで、新しいマウスを買ってくれたんですけど、それにクリクリがついてんですよ。右と左のボタンの間にクリクリがついてんですよ。『知ってました?、奥さん。今のパソコンはみんなクリクリが標準装備なんですってよ。』





そんで、そのクリクリを動かすと、あら不思議、画面がスクロールするではありませんか。

その使い勝手の良さに酔いしれて、僕はしばらくクリクリやってました。








『こんな素晴らしいマウスをぜひとも会社のパソコンにも』と、今日はクリクリマウスを買ってきて、誰もいないお昼休みに早速取り付けました。








「そりゃー、超高速クリクリ」、

「えいや、一人時間差クリクリ」、


「これでどうだ、波動攻撃クリクリ」、


「いけいけ、七色のクリクリ」、


「これでもくらえ、ジャンピングボレークリクリ」。





ありとあらゆる、考えられるだけのクリクリ技を堪能しました。






ですが、「ほおずりクリクリ」をしていた時です。人の気配を感じたのは。











退職願の書き方を教えてください。

同い年

・ジネディーヌ・ジダン(フランス代表主将)


 1972年6月生まれ。来月30歳。














・痔にナヤーム・アンジェリス(日本代表左遷駐在員)


 1972年6月生まれ。来月30歳。













共通点が多いので親近感を感じます。老け具合とか。

一時帰国

はい、一週間ぶりの更新でございます、こんにちわ。


日本にちょっとだけ帰ってました。


思い出せる範囲で一週間分の日記をアップします。あっぷあっぷですけど。









(5月23日)





久しぶりに実家に帰ってきた。


父親が会社を辞めていた。一体どうなる、アンジェリス家。





それと、家のインターネット接続がADSLになっていた。

とりあえず、僕のサイト用のHotmailをチェッkk・・・”新着メッセージはありません”





「はえー、はえー。待ち時間がないじゃん。」





この快感がたまらんので、もう一回、サイト用のHotmailをチェッk・・・


“新着メッセージはありません”



「はえー、はえー。お前らメール送れ。」














(5月24日)




イヤよ、イヤよも好きのうち。


イヤイヤながらも本社へ顔を出す。





派遣社員の女性がやたら増えていた。当然僕のことなど知らないもんだから、「あの人だれ?」みたいな顔をされる。





俺 「はじめまして、香港駐在のアンジェリスです。」と挨拶。もちろん100万ドルの爽やかスマイルで。




派遣A 「えっ、この人が噂のアンジェリスさん。やだ、かっこいいじゃない。わたし一目惚れ。」





派遣B 「アンジェリスさん、わたしお弁当作ってきたの、食べて。」





派遣C 「抜け駆けはずるいわよ、お昼はわたしと2人だけで食べにいきましょうよ。」





派遣D 「なにを子供みたいなこと言ってるのよ。アンジェリスさん、わたしを食べていいわよ。」















どなたか、病院を紹介してください。



















(5月25日)





じいさんの法事があるので、松本に行くことになりまして、そこでメル友さんに会ってきました。

かれこれ1年半にも及ぶメール交換の末、ついにメル友さんと御対面となったのです。


商売女性でもなく、脳内女性でもなく、ブラウン管内女性でもない、生粋の生身の女性との久しぶりのデートでしたので緊張して固まりました。(チンコ除く。)








待ち合わせが松本駅の交番の前に6時半だったので、10分前に到着して、それらしい女性を探しました。


声をかけて人違いしたら恥ずかしいので、通りすぎる女性にキラキラした目で合図を送ってたんですが、どいつもこいつも目を反らして走り去っていきます。なぜでしょうか?




そのうち交番の中にいたおまわりさんが僕に熱い視線を送ってくれています。「ひょっとしてこれは仕組まれたワナか? その手には乗らないぜ。」 そそくさと交番の陰に隠れました。





待ち合わせの時間を過ぎてもメル友さんが現れないので、ホテルに帰ってエロビデオでも観て寝ようかなと思い始めたところ、ようやく松嶋菜々子さん(仮名)が登場。





ってことで、時間も時間なのでごはんを食べに行くことに。


僕は気取りに気取って、「中華は飽きたのでイタリアンがいいですね。」とか心にも無いことを言ってしまったので、オサレなイタリアンレストランに連れてってくれました。




ちょっと歩かなきゃいけなかったんで、そこまで行く途中、養老の滝とかつぼ八みたいな居酒屋があったんで、「歩くのメンドくさいからここでいいですよ。」とか言いそうになりました。言わなかっただけ、僕は大人になったと実感しました。





で、ようやくお店に到着。


で、食前にワインとか注文するんで、こういう時はやっぱ男の出番です。


メニューを見てもサッパリわかんないんですが、一番安いのを選ぶと「ケチな男」と思われるかもしれないし、二番目に安いのを選んでも、「ケチな男と思われ
たくないから、ちょっと見栄を張った」って思われたらシャクなので、三番目に安いのを選んでワイン通を気取ったつもりです。こういう風に思うのは僕だけで
すか僕だけですねそうですね。もうどうでもいいです。





ところがどっこい、彼女は開口一番、「お酒は越乃寒梅が好き。」ときたもんだ。僕と同類項じゃありませんか。ここまでの心理戦のすべてが、あぁ・・・。






んで、コチンコチンに固まってる(チンコ除く)僕は既にいっぱいいっぱいの状態です。何を話せばよいのかよくわかりません。よくわかりませんから何を話したのかもよく憶えてません。


でも、なんか笑ってくれました。やっぱメール上と素の僕のギャップですか?







すごく楽しかったんで僕的にはいいんですが、サイト的にはやばいです。これだけ書いてオチがありません。



オチがありませんけど、今日現在、松嶋菜々子さん(仮名)からのメールが来ていません。これがオチですか?














(5月26日)




じいさんの法事。(合掌)





(5月27日)





聖地・吉野家。


新宿で一緒に牛丼食べたい人を募集したら、すぐ見つかりました。ついに念願のオフ会です。モコさんとそのお友達が参加してくれました。前のサイトの頃からずっと見てるヘビーな中毒読者らしいのです。




といっても、ホントに牛丼食べて、なぜかバッティングセンター。そんでマックで少しお話しして流れ解散です。


お互い初対面だったんですが、一切気を使わず、居間で寝ッ転がってるようなマターリしすぎた雰囲気だったので、オフレポなんてもんはありませんけど、感謝感謝です。ありがとうございました。今度は富士そばオフで。(都内限定)




(5月28日)





飛行機で夜中に帰ってきた。


帰ってきて早々、ガツンガツンとレスしてやろうと掲示板をチェック。



何一つ書かれていませんでした。お前らいいかげんにしろ。(逆ギレ)

運気

占い師に手相と人相を占ってもらいました。





まず、僕はすべての友達と縁を切って、これからは独りで生きていけと。


そんで、海外生活は良くないので、すぐに日本に帰りなさいと言われました。





早速、いつまでも我が家に居座る気でいる友人の鉄郎君とあやこさんに絶縁状を叩きつけ家から蹴散らし、香港から出てってもらいました。もう絶交です。街で会っても知らん顔です。そんであさってから日本に帰ります。ここまでは順調です。




そうすると来年の9月から運気が上昇。


35歳で転職してお給料アップ。


41歳で独立。そんで成功。大金を手にします。


50歳以降は健康にも問題無く、仕事もリタイアし、海外で悠悠自適に老後を過ごせるらしいのです。








問題なのは41歳の1年間だけはヒゲを生やさなければなりません。

ヘアースタイルは今のままをキープしろということで、ハゲは絶対許されません。


で、結婚をしたら、奥さんのご機嫌を損ねるような行動や言動を慎み、奥さんの言い成りに生活しなければ大金を手に出来ません。








ってわけで、緊急募集。


ヒゲでカツラで甲斐性無しの旦那を持つことが理想で、大金を得て老後は海外で暮らしたいという深キョン似の女性の方、結婚を前提にお付き合いしてください。ラッキーカラーは黒と赤だったんで、白と青が好きな方はお断りです。



それと、5月27日(月曜)の夜、新宿付近でマターリとした雰囲気で一緒に牛丼を食べてくれる方もいたらメールください。牛丼食べて、コーヒー飲んだらすぐ帰ります。


とりあえず新宿にしましたけど、神奈川のほうだったらどこにでも行きます。





生アンジェリスに会って落胆したい方、メールのみで受け付け。(受付終了)

マカオ

家出中のアンジェリスです、こんにちわ。


更新する気なかったんですが、まぁ、その、特別に、家出先である、段・ボールさん宅からお送りします。雨がシトシト降ってます。どうして自分のベッドで10日以上も眠れないのでしょうか。





----------





鉄郎君とあやこさんを引き連れて、マカオに行ってきました。


マカオには有名なカジノがあります。公にギャンブルが認められてるスバラスィイ国です。






2人は当然初めてなので、「確率がどうの」とか、「数字の目がどうの」とか、「機械にトリックが仕掛けてあるんじゃ?」とか、眠たくなるようなセリフを吐いてました。





こちとらカジノの常連です。


「いいか、こうゆうのはヒラメキが一番や。ピンときたほうに賭ければいいんじゃ!」






2人にお金借りて、無事に香港に戻ってくることができました。ありがとう。


鉄郎君は儲けたみたいなので、上質の段ボールを買ってくれました。これで雨漏りだってへっちゃらです。





と、教科書どおりのオチをつけたところで、世の中には不思議な人がいるもんです。


マカオに行くフェリーに出発時間ギリギリに乗り込んだところ、涙ながらに発狂している日本のご婦人がおりました。それはもう物凄い剣幕です。




元来、他人の揉め事とか大好きである清らかな性格の僕は、満面の微笑みで耳のアンテナをビンビンに張りました





「なんで1階なんやー、2階にせい、2階にい、アップサイドやぁー!」





どうやら関西系の人のようです。


隣にいた人の良さそうなご主人は、必死になだめていましたが、恥ずかしさのあまり今にも泣き出しそうな有り様です。




このフェリーの座席は勝手に決められてしまうのですが、1階座席と2階座席の視点の高低差は約2㍍くらいでしょうか。


2㍍といえば、日本が誇る背高ノッポで名を馳せた、ジャイアント馬場の全身くらいでしょうから、それはそれは物凄い高さです。


良い景色を眺めたいのなら、高いところに登る。これが世界の常識です。僕もアルプスの山々から下に広がる雲海を見て、一人泣きました。まさにそれ。1階と
2階とでは天と地です。1階の座席なんかに座らされた日にゃ、せっかくのマカオ旅行も一生癒えることのない暗黒の想い出となるでしょう。








訳も分からず無理やリ座席を1階に交代させられた乗客を尻目に、そのご婦人一行はご希望の2階席に陣取りました。






僕も2階席でしたけど、所要時間1時間の間、雨模様の海しか見えませんでした。

少女

昨日の晩のことでした。


仕事を終え、家で「囲碁の時間」を見て涙を流していたら、チンポーンってチャイムを鳴らす人がいたんです。


玄関のドアを開けたら、一人の少女があぐらかいて飯食ってました。そのままドアを閉めました。








3週連続で我が家にゲスト。今週はあやこさんです。


僕はいつからホテル業を営むようになったんでしょうか。

というより、2つあるベッドをあやこさんと鉄郎君に占領されてしまったので、僕の寝る場所がなくなりました。僕は迷わずあやこさんと添い寝しようとしました。





あやこさんは鉄の仮面と鋼の鎧、防弾チョッキの完全武装。おまけに有刺鉄線が張られていました。











しばらく家出します。探さないでください。次の更新は21日。

無能

はい、タイガースが首位から転落したのでリニューアルです。


快進撃は3日しかもたないと予想してたもんですから、前回のリニューアルと同時にこれも作ってました。


そんで、3日後に「やっぱり負けました。リニューアルです。」ってやるつもりで、言うなれば、サイトごとにオチをつけてやる魂胆だったんですが、野望がもろくも崩れ去ったのでありまするウンコ。








それはさておき、僕の会社の机は窓側である。まさに窓際族。


で、隣のビルのオフィスが丸見えなんです。僕と同じくらいの年齢のニイちゃんの後姿とパソコンの画面、それと給湯室がよく見えます。ちょっくら観察してみましょう。



(午前10時)


のそのそとやって来たニイちゃんは、パソコンの電源を入れる。はっきり確認できないが、ゲームに夢中になってる模様。





(午後3時)


お茶を煎れに来たニイちゃんが、あくびをしながらチンコのあたりをボリボリ掻いている。






「あぁ、イヤだ。あんな無能社員にはなりたくない。」





って、向こうの人も僕を見てそう思ってるはずだ。

古い記事