カテゴリー : 2002年 8月

熱い男

「色白はモテない」ってエロ雑誌の日焼けマシンの広告とかに書いてあったのを思い出し、焼きに行ったさ、海まで。

長かった不遇の時を取り戻すべく、浜辺で微動だにせず寝っ転がり、炎天下の灼熱地獄に耐え抜きました。

“アチャチャチャチャ”とか、”ギャー”とか、”ウー”とか、”ヒー”とか、”ヤメレー”とか、

熱いシャワーを浴びるたび、猿のような奇声をあげ、

肩をポンと叩かれるたびに、通報されかねない悲鳴をあげています。

「熱い男」ってことでモテますよね?

夏休み

わー、夏休み夏休み。

28日、夕方の便で東京へ。全日空。(頭脳々エロいこと想株式会社)

29日、お得意様企業にてプレゼン。(プレイだよ裸で)

30日、朝の便で香港へ。ANA。(Atama-daijyoubu Nandesuka Angelis

Co.,Ltd.)

わー、夏休み夏休み。

また来月。(壊れる寸前)

最後の夏

仕事が終わってバスで家路に。

最寄の場所でバスを降り、家に向かってトボトボと歩き始める。

「疲れた・・・」

フーッと軽いため息をつき、ふと上を見上げたところ、

とあるマンションの一室に映る、下着姿のおねえさん。

上を見ながら20メートルほど歩くと、裸体の部屋が見えなくなる位置関係。

「あっ、そうだ!」

と、何か用事を思い出したかのような迫真の演技で180度ターン。

切れ味鋭いターンを延々と繰り返してた、2002年・最後の夏 イン 香港

無記憶

昨日は飲みに行ったので更新できませんでした。

そんで、記憶が無いので、昨日のことが書けません。

さて、泥酔して家に帰ってきて、そのままベッドにもぐりこみ、今朝、顔を洗って鏡を見たらスゴイんですよ、頭の毛が。

伸びきって割と長めの髪の毛なんですが、いいかんじに髪の根元がツンツン立ってて、ちょっとボサボサで、昔のメタラーみたくなってんですよ。言葉で説明するのが難しいのですが、とにかく気に入ったスタイルになってたのですよ。

そのヘアースタイルを崩したくなかったので、シャワーも浴びず、臭かろうが不潔だろうが、そのまま会社に来たわけですよ。1時間の遅刻で。

で、今日はそんな1日をポエムにしてみたぜ、ベイベー。

今日の僕は中身も外見もロックンロール

チラチラと僕を見つめるハタチくらいの香港娘

気になるのかい? 気になるのかい?

僕は恐い人なんかじゃないよ

さあ、おいで、危険な香りのロックンロールの世界へ

遠慮無く言ってごらん、”あなたもわたしもロックンロール”


『あなた、お酒くさい。』

あぁ、そうですか。

チョンキンマンション

ビール飲んだ直後に縄跳びは危険です。こんにちわ、ゲロです。夕食はカレーだったので大惨事でした。

チョンキンマンションの中のカレー屋さんで食べたんですけど、これが中々美味でして、調子に乗って「スペシャルホットにしてちょうだい」なんてお願いしてしまったんですよ。

そしたら辛くて辛くて、ビールを水代わり、ワインを水代わり、ほとばしる汗を水代わりに食べました。

そんで、家に帰って横になってたんですけど、弛んだ腹の肉があまりにも美味そうだったので、それを切り取ってカレーにぶち込んでやりたかったのですが、何故か縄跳び。

で、酔っ払ってる状態で縄跳びをやると瞬時に別世界に飛んでいけるわけで、あっという間に黄色いゲロ。

おかげで摂取したカロリーは3分で消費できました、というつまらないオチですね、すんません。

——————————–

いやぁ、僕の言葉が足りませんでした。ここが文章の難しいとこです。誤解を招いてしまいました。簡単に閉鎖なんて言葉を使うもんじゃありませんね。ごめんなさい。

あくまでも香港版が閉鎖ということで、日本版『かたはらいたし』は続けます。テキストサイトは麻薬のようなもの、とは誰が言ったか知りませんが、まさしく麻薬です。やめられませんよ。

ただし、香港生活終了と同時にここは閉じて、日本では場所を変えて再開します。

ここのサーバーが落ちまくるというのが1つの理由。無料なので文句も言えませんが、長時間のダウンが頻繁に起こり、それに対する謝罪や釈明も無く、対応があまりにも酷すぎます。

それと、生活の変化を機に一旦閉鎖、しばらく休養して自分のやる気を取り戻したいことがもう1つの理由。これは経験上わかるんですが、時間が経てば文章を書きたくなってきます。

期待されると応えたくなる性格なので、苦痛ながらも無理矢理更新してきましたが、そこからようやく解放される思いが、念願の閉鎖と書いてしまいました。い
つも楽しみにしてくださる方、励ましてくださった方、閉鎖を惜しんでくれた方にはお詫びします。

けど、毎度のことだけど、閉鎖って書いた時だけ、掲示板は賑わうなぁ。

いつもこれくらい書き込んでくれたら、僕のやる気もずっと持続しますって言ってみたりなんかして。

転勤

はい、2ヶ月に1度のリヌーアルです。

「どっかで見たことあるデザインですね」とかいうツッコミは要りません。わかんないですか、そうですか。

さて、タイトルロゴの横にラストバージョンって書きました。これが香港版『かたはらいたし』として最後のリニュです。

残り1ヶ月で何回更新できるかわかりませんが、ようやく念願だった閉鎖までこぎつけたということです。見るのも読むのもイヤかもしれませんが、もうしばらく我慢してお付き合いください。

—————————————-

もうすぐ転勤です。

僕は海運関係の仕事をしてるんですが、入社7年目にして5度目の異動です。

 現場(倉庫)・横浜2年

     ↓

 業務課(通関関係)・横浜6ヶ月

     ↓

 国際課・東京6ヶ月

     ↓

 営業課・東京1年

     ↓

 国際課・香港2年6ヶ月

     ↓

   ???

これだけの短期間で部内の主要なセクションは一通り渡り歩きました。

さて、香港の次の???がすごく気になるところなんですが、全てを経験した僕としてはどこに配属されてもやってく自信ありありなんですね。

ところが現在になっても、次の勤務先が決まらないのですよ。引く手あまたなのでしょうか。これだから有能な戦力は困ってしまいます。ドラフト会議です。清原です。松坂です。

現在僕は国際課に属し、国際課から香港に派遣されているので、国際課・東京に戻るのが通常であり、僕もそこを希望しています。

そんで、僕の後任者は営業課・横浜から香港に来るので、そこに一つ席が空くわけなんです。

さぁ、ドラフト会議の開始です。

僕の争奪権をめぐって、双方の責任者が必死の譲り合い。

 国際 「さぁ、お取り下さい、どうぞどうぞ」

 営業 「いえいえ、そちらこそどうぞどうぞ」

 国際 「何を仰る、どうぞどうぞ」

 営業 「いやいや、そちらが優先ですから、どうぞどうぞ」

 国際 「そんな堅いこと言わず、どうぞどうぞ」

 営業 「そういうわけにはいきません、どうぞどうぞ」

 国際 「いらないって言ってんだろ!」

 営業 「うちはゴミ捨て場じゃねーんだぞ!」

人を見る目があるこの会社はとうぶん安泰です。

上海

こんにちわ、アンジェリスです。

上海出張中、会社関係の集いがあって飲茶に行ったんです。15~6人くらいいたでしょうか。

飲茶の醍醐味はやはり大人数で卓を囲み、回転テーブルをクルクル回しながら幾つもの品々を食べることじゃないでしょうか。僕もそんな飲茶が大好きです。

そして、宴も酣、最後の締めということで、チャーハンを注文したのですよ。楊州炒飯です。チャーハンの王道といったかんじの僕も大好きなチャーハンです。
大皿にのっかってきました。回転テーブルに乗せて、端の人から順々に適当に取っていきます。

 

「残ってねーよ」

ところが、どっかの大喰らいの誰かがヤキソバも食べると仰ったので、ヤキソバも。肉絲炒麺。細切りのお肉タップリのトロトロあんかけ固ヤキソバです。僕も大好きです。

 

「モヤシだけかよ」

つーか、

「なんで、2回とも俺の隣からスタートして逆回りなんだよ」

と、サイト上でしか文句を言えない、事勿れ主義の僕は、中国では餓死するに100万ペリカ。

人間

2~3日前から本格的に体調を崩し、とうとう声が出なくなったので会社を早退して病院へ。ナントこれが香港で初めての病院体験だったりしたんですが。

そんで17時に帰宅するという近年稀にみる神懸かり的な偉業を成し遂げ、さらに驚くべきことに18時に寝るというこの世の終焉といってもよい暴挙を起こしたわけなんですよ。

もう、あれ、太陽が沈んだら寝る。太陽が昇ったら起きる。これが真の人間らしい生活ね。

元々人間の体のサイクルというのはそのように構成されてるわけで、夜行性の動物とは違い、暗闇での視覚は機能しませんから暗くなったら寝る。太陽が沈んだら起きている必要はないんですよ。

それを身勝手な人間様が電気なんてものを発明したおかげで夜型指向へと生活スタイルが変化していき、「残業しろや」と言われるわけですな。自分で自分の首を絞めるとはこの事ですよ、まったく。

この風邪は僕に「人間本来の生活」を取り戻させる良い機会を与えてくれました。

「原点回帰」、「自然に帰る」、「本能の赴くまま」 

それらをテーマにこれからの人生を歩んで行く僕には、こんなものは必要無い、

焼き捨ててやる。

燃えてしまえ。

燃え盛る、料金未払いによる電気ストップ通知書。

—————–

どうもイマイチなオチですね。これもすべて風邪のせいです。

こんにちわ、アンジェリスです。好きな早口言葉は、せーの、『あかまきがみあおまきまききききー

ご覧の通り体調はすこぶる良くなりました。

ご心配をおかけしたようで、すいません、ありがとうございました。

——————-

それはさておき、病床に伏しながらもテキストを書いたんですが、今回は趣向がまったく違います。

「NO-FUTURE」というテキストサイトで、G企画というのがありました。

その企画とは、音楽や映画やゲーム等々、各自の好きな分野を選び、10選という形で書いたテキストをみなさん発表しましょうってなかんじです。

僕がそのサイトを知った時点で既に締め切りを過ぎていたので企画への参加はできませんでしたが、参加できずともテキストはいつだって書くことができます。

そこで僕が取り上げてみた題材はロックギタリスト10選。

興味無い人には苦痛すぎると思いますけど、僕のルーツがわかり、僕の違う面が垣間見え、「アンジェリスさんってやっぱ素適♪」とかなるかもしr

テキスト追加 「”ギターを弾けばモテる”
と勘違いさせてくれた10人」

——————————————–

例の如く、また出張に出かけます。しばらく更新はできませんので。

夏休み突入のみなさんは、よき思い出を。(薬物中毒者のような瞳で)

———————————————-

風邪

ゴホゴホ。

風邪をひきました。アン下痢スです。

咳が出ます。のどが痛いです。体がダルいです。

けれども、僕の傍にはハニーがいてくれるから病気だってへっちゃらだい。

深田恭子 「アンジェリスさん、ダメよ、無理しちゃ。」

俺 「だけど、仕事を休むわけには・・・(ゴホゴホ)」

「ダメ。そんな体じゃ無理よ。お仕事はお休みして。恭子の一生に一度のおねがい。」

「恭子さんにお願いされたら断れないな、うん、わかったよ。」

「それでね、恭子、お粥、作ってあげたの。」

「うわー、うれしいな。」

「これ食べて早く良くなってね。(チュッ)」

「こら。チューしたら風邪がうつっちゃうじゃないか。」

「いいの。アンジェリスさんの風邪の菌を恭子にうつして、苦しみを半分コ。」

「こいつー(チュッチュッ)」

「やだ、アンジェリスさんたらエッチ。あぁ、ダメ、あぁ・・・」

あー、たのし。(大量の薬を一気に飲みながら)