カテゴリー : 2003年 1月

アンセム

あぁ、今頃ですが今年初更新。おめでとうございます。





---------------------





「お前らの中で10代の奴はいるかぁぁぁ?」





ワァーーー



「20代のやつぅぅぅ?」





「ワォーーーーー」





「30代のやつぅぅぅ?」




「ウワォォォォォーーーー」








と、こんなかんじのメタルのライブに行ってきました、川崎まで。


純国産の正統派メタルの雄と呼ばれるアンセムの再結成ライブに行ったんですけども、ラウドネスと同様に客層の平均年齢が高いこと高いこと。オヤジメタラーはこんなにたくさんいるんですよ。





今回は座席無しの完全なるオールスタンディングのライブハウスということで、客が全員ステージに向かって押し合い圧し合いのもみくちゃになりながら頭を振
り拳を上げ、2時間半のライブが終わったときには全身汗だくで、体がミシミシと軋んでおりました。間違いなく筋肉痛に襲われるでしょう、2日後くらいに。

アンコールが3回もあったのでどうなることかと思いましたが、途中休憩を入れるとかしないと生活にまで支障をきたしそうな激しいライブでした。いくらヘ
ビーメタルといえでも、演奏者も観客もお互いに体力のこととか考えないといけない年齢ですから。





で、ココから先はオタク話になるのですが、アンセムは坂本英三がボーカルの前期と、森川之雄がボーカルの後期とに分けることができるのでありまして、個人
的には高音シャウトの坂本よりも低音を響かせる森川時代の後期のほうが好きだったりするのですが、再結成アンセムには前期の坂本が復帰したのであります。
ちなみに坂本ってのはアニメタルのボーカルを演ってた人であります。





しかし、今回の再結成ツアーでは森川時代の曲もふんだんにセットリストに入れてもらい、”Do
You Understand?”や”Venom Strike”、”Hunting Time”、”Cryin’ Heart”なんかを演りました。それに”Gypsy
Ways”と”Shadow Walk”を入れてもらえたら完璧だったのですが、そこまで求めるのは贅沢でしょうか。



で、その森川も和製リッチーブラックモアこと、梶山章とコンビを組むということで、虹伝説で見せたような様式美メタルをまた聴かせてくれることでしょう。こちらにも大いに期待したいです。もちろんライブにも。





そういえば、今回のライブはCDとDVDに収録されて発売するようなのですが、そのジャケットに観客全員の名前が載るそうなのですよ。もちろん僕も名前を
登録したのでジャケットには僕の名前が載ります。興味があれば買ってみてはいかがでしょうか。そんなのまったく興味がありませんか、そうですか。つーか、
僕としたことが間違って本名を登録してしまいました。誰もわかりませんね、そうですね。








というわけで、更新はしてませんが、元気です、今のところは。


明後日くらいには想像を絶するような筋肉痛になるので、元気なうちに書いておかないと。