カテゴリー : 2003年 12月

年末

既に31日になってますが、とにかく成し遂げた。今、年賀状を書き終えたのだ。こうゆう時こそ友達の少なさは助かります。

X.Y.Z.→A / 表参道FAB

そんなわけで、昨日はX.Y.Z.→A、今年最後のライブが表参道でありまして、当然ながら行ってまいりました。

今回は、”セルフカバーもやるよ”ということで、いつにも増して期待度大のライブだったわけですが、こちらの期待を裏切るライブでした。もちろん良い意味で。

いや、まさかとは思いましたが、橘高はんのセルフカバーはEuphoriaの『絶望という名の・・・』を演ってくらはいました。実はEuphoriaのCDは現在廃盤でして、やっとこさヤフーオークションで買ったばっかだったのですよ。最近の僕のヘビーローテーションだったので、メロディーも頭に入ってるし歌詞もスラスラ。余裕で歌えるんですけど、ホラ、周りは歌えないから一人歌うと目立つじゃないですか、ホラ、気が小さいじゃないですか、ホラ、30過ぎたオッサンがEuphoriaですよ、ホラ。

で、爆風スランプの『大きなたまねぎの下で』をシットリと挟んで、我らが二井原のカバーはラウドネスの『Soldier Of Fortune』。まぁ、このへんはホラ、特に、ホラ。やっぱSoldierはマイクヴェセーラじゃなきゃ。どうせだったらSLYのSilent Thunderを演ってくらはいって。

そんなこんなで、僕自身も今年最後のライブだったわけでして、今年は国内アーティスト、小さなライブハウスが中心でした。

ヘドバンがツライ年齢になってきましたが、来年もライブには足繁く通うつもりです。とりあえず決定してるのは2月6日のハロウィンと8日のアイアンメイデン。アイアンメイデンに至っては、サポートでアークエネミーとソナタアークティカですよ。午後3時にスタートして、いったい何時まで頭を振ってればいいのですか。

この日のセットリスト、忘れました。。。

モテ

しばらく更新できませんでした。

ちょっと家庭内でゴタゴタがありまして。

というのも、ついに両親が、というより、ついに母親が離婚を持ちかけてきまして。

ここ10年くらい、我が家には冷ややかな空気が流れていたのは感じていたのですが、決定的だったのは父親が2年前から別の女性と交際していることが発覚したわけで。父親もそれを認めたわけで。はっきりと自分の口でそう言ったわけで。

離婚をするかもしれないってのは心のどこかでは思ってましたが、ここまで現実味を帯びた話になってくると僕は悩んでしまうわけでして。そりゃもう、半端なく悩んでしまったわけでして。


60の父がなぜそんなにモテて、

30の息子がなぜこんなにモテないのか?