カテゴリー : 2005年 7月

Accept / 渋谷AX

旧西ドイツが産んだヘビーメタル、称してジャーマンメタル。スピードがありドラマティック、叙情メロに重厚サウンド。

アメリカナイズされたScorpions。ダークで重い現代的要素を取り入れたHelloweenと違い、ドイツの象徴を貫き通す、ジャーマンメタルの先駆けともいうべきAcceptがひと夏限りの再結成。そして日本にやってきた。

まずはお詫びだ。今回、2階席で観戦などと真のメタラーらしからぬ行動を取ってしまったことを心より詫びたい。

ではあるが、通常のスタンディングライブだと前の人の頭ばかりでステージ全体を見渡すことなど不可能であるが、この日は2階席が功を奏しステージ全体を
じっくりと拝見することができた。そのライブがAcceptであることに意味がある。なぜならこの夏の再結成が最後の勇姿になるであろうから。今日だけは
じっくりと目にも心にも焼き付けておきたかった。

さて、ほぼ定刻にメンバーが登場。Starlightからはじまる。オールドファンにはたまらない。というか、ここに来ているほとんどの人達はオールドファンですが。。。

とにかくいきなり大合唱。サビの部分での大合唱は2曲目以降、最後まで続き、これでもかとウドが観客に歌わせる。ウドののどの調子も良い。金切り声も実によく出ている。MCはほとんど無く、本編最後のFast As A Sharkまで一気に続く。

アンコールはPrincess Of The Dawn。やはり大合唱。そして2度目のアンコール、Balls To The Wallでの男たちの大合唱は圧巻。歌いながら思った。Acceptはライブで歌ってこそ価値のあるバンドであると。

現在の職業はカメラマンということもあり、はっきり言ってウルフ・ホフマンのギタープレイはボロボロ。しかし今日だけはそんなことはどうでもよい。
鋼鉄サウンド、地響きコーラス、ウドの金きりシャウト、これが揃うとAcceptなのだ。新譜は作らなくてもいいです。1年に1度のライブだけでいいで
す。Acceptを続けてもらえないだろうか?



1. Starlight

2. Living For Tonight

3. London Leatherboys

4. Metal Heart

5. Up To The Limit

6. Winterdreams

7. Flash Rockin’ Man

8. Breaker

9. Bass Solo

10. Head Over Heels

11. Neon Nights

12. Guitar Solo

13. Restless And Wild~Son Of A Bitch

14. Turn Me On

15. T.V. War

16. Monsterman

17. Love Child

18. Fast As A Shark

<>

19. Princess Of The Dawn

20. Burning

<>

21. Balls To The Wall

渋谷AX

blog-photo-1122709670.32-0.jpg今日のライブは急遽、渋谷でアクセプトです。

今月は二回のアンセムで疲れ果てたので、今日だけは二階席でゆったりと。これでしばしライブはおしまい。

二階席から下を見下ろすといかにむさ苦しいことか。平均年齢30オーバー間違い無い。この中に自分も混じってたかと思うと、かたはらいたい。

Anthem / クラブチッタ

仙台からスタートした20周年アニバーサリーも、ここ川崎が山場。いつものことだが各地のライブに比べ川崎は特別なのだ。アンセムにとって聖地であるが故に。

16時30分。車にて会場に到着。駐車スペースにバックで車庫入れをしていた時、車体は大きく揺れた。後の情報によると川崎あたりは震度5弱くらいだったか。

17時。会場スタッフより発表がある。”地震のため開場が17時より17時30分に変更” 地震で電車がストップ。来られないお客さんが多数いると。

17時30分。ついに開場。整理番号800番台の僕は18時頃にようやく入場。

だが、ここでまた発表が。”開演時間は19時” 電車はいまだに復旧していないとのことだ。足止めを食らっているお客さんは発狂寸前だったであろうことは容易に想像できる。

19時。来られないお客さんはまだ多数いるが、予定より1時間遅れて第1部スタート。最新アルバムを中心に現行メンバーによるパフォーマンス。初っ端の仙台に比べやはりクライマックスの川崎。各メンバー、気合の入り方が違う。特にドラムの本間さん。低音が腹に響く程の迫力であった。が、特筆すべきレアな曲も無く、各会場とほぼ同じ選曲で1時間の第1部は終了。15分のインターバルへ。

第2部は旧メンバーによるセクション。その頃になると到着が遅れていたお客さんも次々と到着しだし、会場はいつものように体がぶつかりあうライブへ。1部に比べ身動きがとれなくなった。

2週間前の仙台に比べ、ヒロヤが絶好調。ようやく勘を取り戻してきたってところか。よく動き回るし、ギターも弾けている。

一方、ドラムのMAD大内が期待していたほどではなかった。イヤ、こちらが期待しすぎだったのかもしれない。Venom StrikeだけはやっぱりMADしか叩けないのだ。ただ今回だけは予想だにしなかった人物が登場した直後だったということでMADのVenom Strikeの印象が薄れてしまったみたいだ。

で、その驚くべき登場人物。そう、あの中間英明。

Hunting Time終了後、ヒロヤがステージを退く。そこで柴田さんより中間英明の紹介がある。会場は一気にヒートアップ。

90年。アルバム、No Smoke Without Fire をレコーディングし、終了と同時にヒロヤは脱退。そのツアーを中間が加入することでアンセムは停滞することなく前進した。



実力、ルックスとも一流なのだが、人間性に問題があるとし、わずか1年で中間は解雇されたのだが、ライブだけは全国各地、韓国までも遠征し最高のパフォーマンスを魅せた。柴田、森川、MAD、中間。このメンバーでのアルバムは発表されることなく終わってしまったが、実力的にはアンセム史上最強のメンバーであったと僕は思う。

その最強メンバーでの演奏はShadow Walk。中間の衣装が当時と同じであったことが笑える。今でも着れることが逆に凄い。会場2階席には中間を師と仰ぐ島紀史の姿も。

その島がAnthem Waysで弾いたShadow Walkのギターソロは、中間が当時のライブで弾いていたソロを再現したものであることを知っている者はどれだけいるだろうか。今日はその中間が本物のソロを弾くのである。この時ばかりは頭も振らず、拳も上げず、ただひたすら中間のギターソロに注目。流麗な運指、イングヴェイを意識しスゥイープばかりを多用していた当時と違い、かなり円熟味を増したか、それとも出来なくなったのか、どちらにせよ絶好調だったヒロヤの印象が無くなったくらい上手かった。第一線の現役で活動してもらえないだろうか。できればHurry Scuaryで。

次のBlinded Painで中間は退き、第6期メンバーへ、そして現メンバーへ。

現メンバーでのアンコールを挟み、最後は全員登場でDo You Understand? もうそれはそれはステージ上も観衆も狂乱ですよ。ラストのWild Anthemといい、中間ばかりに目がいってしまう。この2曲のセッションは過去最高といっていいくらい凄まじいものだった。

それで、まったく話題にあがらなかった森川さんですが、やはり太ってました。声量は相変わらず凄まじかったですけど。


第1部

1.Onslaught

2.Eternal Warrior

3.Easy Mother

4.Overload

5.Distress

6.Omega Man

7.Gotta Go

8.Revenge

9.Demon’s Ride

10.Running Blood

第2部

11.Victim in Your Eyes

12.Night After Night

13.Machine Made Dog

14.Bound to Break

15.Gypsy Ways

16.Cryin’ Heart

17.Juggler

18.Hunting Time

19.Shadow Walk

20.Blinded Pain

21.Venom Strike

22.Grieve of Heart

23.The Voices

-encore-

24.Let the New Day Come

25.Life Goes On

-encore-

26.Do You Understand?

27.Wild Anthem

聖地・川崎

blog-photo-1122137484.77-0.jpgアンセムの聖地、クラブチッタでの20周年ライブです。満員御礼ですが、さっき大きい地震があって開場時間が延長です。で、平均年齢の高い方々が道路に溢れております。あぁ、見るからに臭い。(自分が)

納車

VFMI0002.jpgVFMI0003.jpg











先月のことになってしまいますが、スカイラインに変わってエクストレイルが登場。僕の新しいパートナーです。

簡単な紹介を。

車名 : 日産 エクストレイル

グレード : GT

色 : シャーベットシルバーメタリック

エンジン形式 : SR20VET(NEO VVL)

ということで、今度のパートナーもターボ仕様でさらにパワフルに。280馬力です。(カタログ上)

なわけで、今は楽しくてしょうがないわけだ。休日はもっぱらスーパーオートバックスに入り浸りよ。そんでエクストレイルを調教し、僕好みの女性に仕立て上げるのだ、ゲヘヘヘヘ。




P050718_1808.jpg

エクストレイルには灰皿がついてないので、禁煙車に。ってのは3時間が限界でした。まず灰皿を調達。ドリンクホルダーにすっぽりと。











P050718_1808~00.jpg

オーディオレスでしたので、これは知り合いから無償で譲り受けたケンウッド製のCDプレーヤー。スペックはCDとラジオだけです。カーナビとかテレビとかは、ホラ、僕の脳内でいつも観れるから。










P050718_1809.jpg

で、エクストレイルにはシガーソケットがついてないわけだ。灰皿が無いので当然なのですが。その代わり、運転手の目の前、本来メーター類がある場所に運転手用のグローブボックスがあるわけで、その中に電源が取れる箇所があるわけです。

ですが、そこから電気をとっても配線がみっともなくなるので、メカニックの異名をとる私はヒューズボックスから電源をとることに。ヒューズボックスですと足元なので配線とかも隠れるしね。

で、ヒューズボックスから電源を取り、電源ソケットを増設。やってることがよくわかりません。せっかく増設したのでチンケなイルミネーションをつけました。写真を撮ることもおこがましいくらいチンケなのでこのへんで。ってことで、エクストレイルに手を加えたらまた更新。

Anthem / 仙台マカナ

アンセムがデビューした1985年は、僕はまだ中学1年の13歳だった。

クラスメイトの影響を受け、スティービーワンダーや、A-Ha、ブライアンアダムスに傾倒していったあの頃、アンセムは、柴田直人をリーダーに、坂本英
三、福田洋也、MAD大内で、デビューアルバム、”ANTHEM”をリリース。何年も後にして聴くことになるのだが、酷い、特にボーカルに失笑、という感
想を持ったのが正直なところであった。

そしてそのボーカルが坂本から森川之雄に交代した1988年。”Gypsy Ways”, “Hunting Time”という世界に誇れるアルバムをリリース。ヘビーメタルにどっぷりと浸かってた高校生だった僕。伝説を直に触れることができた。

さらに時は進み、90年代。時代の移り変わりは激しい。ヘビーメタルは急速に廃れ氷河期に。僕の心も一気に冷め、ヘビーメタル=過去の遺物、となってしまった。アンセム解散は92年。

天使が舞い降りた2000年。グラハムボネットを起用し一時の再結成が発展し、柴田、坂本、清水昭夫、本間大嗣のメンバーで本格始動。

85年のデビューから2005年までの20年。歴史を形成してきた男たち。柴田、坂本、清水、本間、森川、福田、大内。この7人による、今年限りのお祭りツアーがここ仙台からスタート。

会場は仙台マカナ。もちろん初めてのライブハウス。キャパは200人くらいの小さな箱。なのに、270人も入ってたらしい。

お決まりのBlack SabbathのHeaven &
Hellがかかり場内ヒートアップ。そしてまずは現行メンバー登場。Onslaught ~ Eternal Warrior ~ Soul
Cryと最新アルバムから立て続けに3連発。2部構成のセットリストの第1部は現行メンバーによる再結成後の曲から。Grieve Of Heart.
Demon’s Ride. Overload. Running Blood、とみんなで歌える曲を中心にあっという間の1時間。ここで15分の休憩。

休憩といっても身動きひとつとれないすし詰め状態。とにかく新鮮な酸素を求めて口をパクパク。特にこの日は3時間以上のライブになるという。「最後
までもつだろうか?」と、体力に関してわずかばかりの不安を初めて持った。なにせこの後に登場するメンバーがメンバーだし。。。

そして柴田の紹介でひとりずつ登場。まずMAD、次にヒロヤ。ヒロヤ、すごいオッサンになってるし。。。で、坂本英三。昔の衣装で登場。かなりヤバイ。

アルバムTightropeからVictim In Your Eyes、アルバムBound To
BreakからSoldiers、Bound To Break、Empty
Eyes。心配だったヒロヤのギターもソツなくこなしてる。何せ今はカメラマンですし。で、英三退場、森川登場。

つーか、ヤバイくらいデブ。おばちゃんみたいだし。昔の面影は何処へ?

でも、Gypsy Ways、Shout It Out!、Hunting Time、Evil Touch、Shadow Walk、Gold
& Diamonds、Venom
Strikeですよ。もう王道中の王道のナンバーを聴かせてくれました。パワフルな声量も当時のまま。けど、1曲毎にMCが入り息を整えてってところに老
いが見えるわけで、まぁ、こっちも老いですから助かったのは事実ですけど、メタルのライブではあるまじき光景でして、しかもGotta
Go等、再結成後の曲を森川が歌う場面では手にはカンペノートが。少し興ざめの部分が。

2度目のアンコールではDo You
Understand。ヒロヤと清水のツインギターが完成。ヒロヤはアーミングでごまかしてる部分が多々ありましたが、現役じゃないし仕方ない。それを清
水が見事にアシストし、目立った場面は少なかったが、清水はまたより一層成長したな、と思う。

で、最後は全員でWild Anthem。ベタベタのラストではありますけどね。

ということで、18時開演、終わったら時計の針は21時20分。3時間20分の立ちっぱなしライブ。30歳過ぎたってやればできるよ。最後のほうは目が虚ろでしたがな。ってことで、次は23日の川崎へ。

<1部>

1. Onslaught

2. Eternal Warrior

3. Soul Cry

4. Revenge

5. Distress

6. Omega Man

7. Grieve Of Heart

8. Demon’s Ride

9. Overload

10. Running Blood

<2部>

11. Victim In Your Eyes

12. Soldiers

13. Bound To Break

14. Empty Eyes

15. Gypsy Ways

16. Shout It Out!

17. Hunting Time

18. Evil Touch

19. Shadow Walk

20. Gold & Diamonds

21. Venom Strike

22. Gotta Go

<アンコール1>

23. The Voices

24. Life Goes On

<アンコール2>

25. Do You Understand

26. Wild Anthem

仙台

P050709_1441[1].jpg雨がしたたる仙台駅です。

どうゆうわけだか、仙台に来ております。

食事は牛タンでもなく、笹かまでもなく、どこでもある天下一品のラーメンですよ。何しにここまで来たんですか、僕は。とりあえず萩の月でも買って帰ります。



で、帰る前に、この後6時からアンセムの20周年ライブがここ仙台からスタート。一度きりのツアーなんで仙台まで来てしまいました。この旅行で7月7日支給の夏のボーナス終了。