カテゴリー : 2010年 9月

味噌ラーメン

お付き合いのある会社の日本人駐在員の方に日本のラーメンを食べたいと洩らしたところ、どさんこラーメンってのがあるよと教えてもらったので行くことにした。

住所も調べた。地図で場所も確認した。万時ぬかりは無し。あとは仕事が終わって会社を出るだけ。

そして会社を出た。場所はそんなに遠くない。

目的の場所に着いた。楽勝だ。エレベータに乗る。

ビルの3階、ビルの3階、ビルの3階。

ビルの3階に着いた。降りた。待ってろよ、味噌ラーメン。今から食ってやる。

店舗の入り口をくぐる。(中国語で)「いらっしゃいませ、何名様ですか?」 一人だよ、文句あっか? 

席に着く。お茶を飲む。メニューを見る。とにかく味噌ラーメンだ。アレ? アレレ?

メニューのどこを見回してもエビとかカニとか肉とか野菜とかスープとかデザートとかじゃん。お目当てのラーメンが無い。いや、あることはあるが、坦々麺だ。どうなっててるんだ?これじゃまるで中華料理屋さんじゃないか? 

中華料理屋さんだった。入る店を間違えた。今更出るに出られない。坦々麺を頼む。最初からこの店が目的で来たような素振りで坦々麺を頼む。

大きな器に入った坦々麺が来る。どう見ても2~3人前だ。当たり前だ。中華料理は大勢でテーブルを囲む。それでも最初からこの店の坦々麺が目的で来たような素振りで坦々麺を食う。店員さんはきっと哀れな目で見ていたであろう。会計を済ませて逃げるように店を出た。向かい側にどさんこラーメンがあった。近くて遠い味噌ラーメン。

本日、リベンジ。どさんこって多膳客って書くのね。西蔵中路沿い。苦労した分、そりゃ美味かった。

奥さん、がんばれ

うちの奥さん。
くたばってます。長いこと留守して迷惑かけてます。
がんばれ。

今日は奥さんの誕生日。彼女は毎年1つずつ年が減っていくらしい。今年で何歳になるんだ?

上海万博

前日の雑技団デートの余韻も冷めやまぬまま、翌日は上海万博デート。
あいにくの雨模様ではあるが、噂の中国館の長蛇の列だけでも見る価値はあるということで。

こんな写真じゃわからないだろうけど、これが列の最後尾あたり。パビリオンからえらく離れてるんだけどね。ここで5時間待ち。11時頃撮ったんだけど、この人たちは4時頃まホントに並ぶ気か?

我らが日本代表。当然日本館へ。しかしここも長蛇の列。並ぶの無理。カブトムシみたいな外観だけ。中の紹介出来ずスミマセン。

お詫びとして、国旗が似てるバングラディシュ。。。

ついに見つけた、北の国。

チマチョゴリのお姉さんがお土産を売ってます。

う~ん、結局買わなかった・・・

雑技団

上海生活も2ヶ月を迎えようとしている。
今回は出張ではあるが、ようやく後任が上海に来てくれた。
さて、困ったのは休日の過ごし方である。40間近と50間近のおっさんがまさかデートするわけにもいかない。デートした。

この日は上海雑技団を観に行った。上海に何箇所かあるようだが、当日でもチケットが買えるという云峰雑技という所まで。
いや、まあ、スゴイスゴイ。ウォーとかウヮーとかスゲーとか、そんな言葉しか出てこなかった。最も圧巻だったのが、球状の檻の中で5台ものバイクがグルグルと走り回るやつ。寸分でも車間が狂うものならぶつかりますよって。そんなに無理する必要がどこにあります?ってなかんじ。
肝心の写メを撮り忘れるくらい呆気にとられてた。ビデオカメラ持ってくりゃよかった。

そんなかんじでおっさんとの初デート。楽しかった。恋心が芽生えるかも。芽生えません。