文学青年

文学を志す者ならば、誰もが受賞したい芥川賞・直木賞が発表された。

芥川賞を受賞した長嶋さんって方は、わたしと同じ年であった。

直木賞を受賞した方は、抱えた多額の借金を、小説で返済するつもりで執筆したそうだ。

ということは、両方の条件にピッタリのわたしには、ダブル受賞のチャンスがあるということだ。

ここで、日頃のご愛顧の感謝の意を込めて、どこよりも早く、来年の芥川賞・直木賞受賞作を公開します。

テキスト追加、「人工知能」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。